ずっと安心して暮らせるように

メンテナンスの時期を見極めよう

住宅の寿命を知っておこう

最初は綺麗で何も問題ない住宅でも、必ず劣化します。
雨漏りがするようになったり、壁の塗装が剥げてきたりしたら業者に連絡してください。
住宅の寿命は、10年ぐらいだと言われています。
メンテナンスの時期を知るために、住宅が建設されてからどのくらいの年月が経過しているのか把握しましょう。

住宅を建てた時にもらった書類に、詳しく記載されているでしょう。
トラブルが起きれば修理するために、費用が発生します。
安くはない費用なので、メンテナンスの時期が近付いてきたら、きちんと費用を確保しておきましょう。
すると急に住宅が壊れて工事が必要になったとしても、費用の支払いがスムーズにできます。
お金が足りないという事態を、起こさないでください。

見た目に変化がない場合

10年が経過していても、見た目に変化が見られないことがあります。
その際は、まだメンテナンスをしなくても良いと思っている人がいるでしょう。
しかし内部を徐々に侵食している可能性があるので、必ず業者に相談してください。
素人は内部まで、きちんと確認することができません。
しかし業者のスタッフであれば住宅の隅々まで確認してくれるので、異変を見逃がすことはないでしょう。

どんな住宅でも、10年ぐらいが寿命だと忘れないでください。
メンテナンスをしていないと、どんどん住宅が壊れて暮らせない状態になってしまいます。
それでは困りますよね。
今までの住宅で、これからも安心して暮らせるようにメンテナンスが絶対に欠かせません。


TOPへ戻る