お金をかけずに楽しみたい!旅費を抑えて観光旅行を楽しむコツ

大きな節約!宿泊費

例えばこんなところ!安い宿泊施設

観光メインの旅行なら宿泊費も安く抑えるべきポイントです。
安く収まる宿泊先といえばこちら。

・ビジネスホテル
単発の出張が多い方ならお仕事で利用したこともあるでしょう。
お風呂もトイレももちろんついているので、シンプルながら快適に過ごせます。
ひとり旅の宿泊先ならビジネスホテルで決まりです。

・ゲストハウス
一部屋ではなくベットごとの利用料金なので、一泊5000円以下で泊まることができます。
ただ、全く知らない人と相部屋になってしまう可能性があるので、大人数の旅行に向いています。
女性ひとり旅の場合は女性専用の部屋を選びましょう。

・キッチン付きの宿泊施設
その名の通り、貸切のお部屋や建物にキッチンがついている宿泊施設。
コテージや古民家、ペンションなどがあります。
家族旅行や大人数の旅行にオススメなのがこのタイプです。
施設全体を家族や仲間たちで貸し切ることができます。

こんなところも!ちょっと変わった宿泊先

ビジネスホテルやゲストハウス、民宿などはもちろん格安ですが、それ以上に安く泊まれる宿泊先をご紹介します。
・ネットカフェ、漫画喫茶
ちょっとした待ち時間などで利用したことがある方は多いでしょう。
シャワー、トイレ付き、ついでに漫画とインターネットがついて格安で泊まれるのがこちらです。
夜行バス以上に寝心地が悪いのではというイメージもあるかと思いますが、確実に3000円以内で泊まれます。

・カプセルホテル
これもまた色々と気にしない方向けですが3000円以内で泊まれます。
お風呂もベットもあるので意外と疲れは取れるかと。

・ファミレスや映画館などの24時間営業の施設
2000円以内で収まりますが、シャワーもベットもありません。
体力のある学生さんや、朝までみんなでおしゃべりしたいという方ならこれらの施設がオススメです。
ただし1泊が限界でしょう。


このPostをシェアする