住宅のメンテナンスは何年くらいを目安に考えればいいの?

ずっと安心して暮らせるように

PICK UP!

メンテナンスの時期を見極めよう

目視して、おかしいところがあれば迷わず業者に連絡してください。 業者のスタッフがチェックすれば、工事が必要なのか様子を見ていて良いのか判断してくれます。 また見た目に変化が起こっていなくても、10年が経過したら1度は専門的な業者に見せてください。

PICK UP!

早くメンテナンスが必要になる

一般的に住宅の寿命は10年だと言われていますが、住んでいる地域によってはそれよりも短い可能性があります。 そのため、自分でも定期的に住宅に変化が起こっていないかチェックすると良いでしょう。 被害が大きい状態で工事を依頼すると、高額な費用が発生してしまいます。

業者に相談してみよう

住宅は建設してから、10年ぐらいが建設したらメンテナンスが必要だと言われています。
そのぐらいの年数が経過すると、壁の塗装が剥がれたり、屋根が壊れて雨漏りをするようになります。
そのままでは、安心して暮らせないですよね。
表面的には変わっていなくても、内部に何か問題が見られるかもしれません。
10年がそろそろ経過すると思ったら、念のため業者に見てもらうことをおすすめします。
プロに判断してもらえば、すぐどこに異変があるのか把握できるでしょう。

もちろん、それよりも前に異変が見られる場合は相談しても構いません。
雨がたくさん降る地域や、海に近くて潮風の被害がある地域は10年より前に住宅が傷むことが多いです。
毎日自分でも点検することを意識しましょう。
すると、早く依頼できます。
異変に気づいた時に業者に連絡しても、被害が大きいと費用が高額になってしまいます。
初期段階のうちに依頼することで、費用を削減できると覚えておきましょう。

実力を持っている業者を見つけてください。
するとすばやく工事を終わらせてくれます。
工事が無駄に長引くと、費用が高くなります。
悪質な業者は、いらない工事をして費用を高額にしようと企んでいます。
工事計画書を見せられると思うので、必ず自分の目でチェックしてください。
不安な部分があれば、業者のスタッフに聞きましょう。
それでも納得できなければ、工事をキャンセルした方が良いですね。
別の業者に任せましょう。

短時間で工事を終わらせてくれる

しっかり住宅を直してもらうために、実力が高いと評判の業者を見つけてください。 手抜き工事をされると、すぐにトラブルが再発します。 再び工事を依頼しなければいけないので、無駄な出費が増えます。 1回の出費で済むように、業者選択を間違えないでください。

メンテナンスの時期を見極めよう

目視して、おかしいところがあれば迷わず業者に連絡してください。 業者のスタッフがチェックすれば、工事が必要なのか様子を見ていて良いのか判断してくれます。 また見た目に変化が起こっていなくても、10年が経過したら1度は専門的な業者に見せてください。

早くメンテナンスが必要になる

一般的に住宅の寿命は10年だと言われていますが、住んでいる地域によってはそれよりも短い可能性があります。 そのため、自分でも定期的に住宅に変化が起こっていないかチェックすると良いでしょう。 被害が大きい状態で工事を依頼すると、高額な費用が発生してしまいます。

短時間で工事を終わらせてくれる

しっかり住宅を直してもらうために、実力が高いと評判の業者を見つけてください。 手抜き工事をされると、すぐにトラブルが再発します。 再び工事を依頼しなければいけないので、無駄な出費が増えます。 1回の出費で済むように、業者選択を間違えないでください。

TOPへ戻る